こうして私は主夫になった、、、

表現者を目指して最終的に主夫となった男のブログ

No,225 バグとの戦い

 プログラミング=バグとの戦い

この方程式はおそらく今後も崩されることはないだろう。

実際、プログラミングをやっていると、

やたらにバグが現れる。

エラー

エラー

エラー

error

パソコンをぶん殴りたくなる瞬間である。

凄腕プログラマというのは、

あらゆるロジックを頭に突っ込んでいるものだとは思うのだが、

バグの取り方が上手であるというのも一つである。

素人の私はバグを取るときに、

ずっとソースを眺めてしまう。

どこかに変な構文を書いているのではないのかと、

ソースを見続けるのである。

 

プロはそんなことをしない。

アラートを置き、コンソールに吐き出し、デバッグをし、

とまぁ、様々な方法を駆使してそのエラーを見つけ出すのだ。

 

人によっては、バグが出る方がいいらしい。

バグが表面化されずに、ウェブシステムが皆さんに使われるようになってから、

意味のわからないエラーが出るよりも、

開発段階でバグが出る方がいいと、まぁそういう理由らしい。

 

しかし、素人がバグを取ろうとすると、時間がかかってしまう。

私は今だにバグを喜ばしいものとして見られないのだ。

 

例えば、一つのウェブシステムを開発するのに、

私の場合は、ひどいときには二週間バグの原因がわからないで苦しんだ。

あの時間、思い出せば最低な時間であった。

 

バグ…。

 

これからプログラミングをやる上でずっとついてくる最低な奴らである。

しかし、こいつを倒してしまえば、その先には明るい??未来が待っているのだ。