こうして私は主夫になった、、、

表現者を目指して最終的に主夫となった男のブログ

No,219 ウェブサービス作成を決意した私。

さて、No,218に引き続き、ウェブサービスについて帰港しようと思う。

ウェブサービスを始めるにあたって、一体私は何をやりたいのかと言うことを紙に書いた。

紙にやりたいことを書くと言うのはとても素晴らしい作業である。

やりたい事の輪郭がはっきりしてくるし、

その実現のためには何が必要かということもわかる。

 

2018年12月。

 

私は漠然と、「田舎ならではのことがしたい!」

と思っていた。

私はド田舎在住の主夫である。

 

「田舎だから…できないよ」

 

と思う事はよくある。

しかし、それを

 

「田舎だから…できたよ」

 

に変えてしまいたかったのである。

紙の上に夢を描く私。

色々と書いているうちに、実現するためにはどんな勉強が必要なのかがわかってきた。

以下に当時必要だと思ったものを列挙していく。

と言っても、プログラミングの話となるので、わからない方にはチンプンカンプンかもしれないが、まぁ、流し読みしていただきたい。

 

html

css

sass

javascript

jquery

bootstrap

ajaxx

php

mysql

linux

...

 

キリがないので、この辺にしておこう。

これらを全て勉強しなければWebサービスなんというものは完成しないらしい…。

 

私は早々に諦めようとした。

しかし、頭の中で、天使がこう言ったのである。

 

「努力しなくて、成功はないよ。できるとこまで頑張って見て!」

 

ハッとした私。

そうだ。やれるところまでやって見てもいいんじゃないか!

なんのために主夫の傍、IT企業に勤めて居るというのだ!!

私は気を取り直し、それらの勉強を始めることにした。

 

幸いにも、多少プログラミングをかじった事のある私…。

それでも、やり始めると、チンプンカンプンのことだらけであった。

まず、データベースの仕組みがわからない。

会員サイトを作りたかったから、データベースは必須とのことだが、

必須項目がチンプンカンプンなのである。

次に、javascrip...。

これについては、javaじゃないの?

なんて疑問に思う始末(知って居る人は知って居ると思うが、javajavascriptは別物である)。

 

いやになった…。

 

開始1日目は、ノートに必要事項などを記述するだけで終わってしまった。

いや、終わらせてしまったと言ったほうがいいかもしれない。

果てしない茨の道がこれから始まろうとしていたのである。

 

f:id:syufuninaru:20190221083550j:image梅が咲き始めた。春はもう直ぐだ。

 

bokutoko.com

f:id:syufuninaru:20190221083529p:image