こうして私は主夫になった、、、

表現者を目指して最終的に主夫となった男のブログ

No,217 子供のイイね

世の中snsが半端でない。

どこで何をしていてもみんな携帯電話で誰かと情報交換をしている。

歩きスマホもなくならない。

家にいても、携帯を見ながら会話をする始末…。

こりゃ、世の中どうかしてるぜ!

といいたくなる今日この頃である。

 

snsと言えば、はるか昔からイイねを押す機能を搭載している。

この機能、わたしは結構好きだ。

というのも、イイねを貰えば少し幸せな気持ちになれるからである。

 

そのイイね。

 

実は我が子達もイイねをする時があるのだ。

と言っても子供達はsnsなんぞ知らないのだから、

いいねをするのは現実世界での話である。

この、イイね、親の私が言うのも何なのだが、

とてつもなく可愛い。

特に阿呆の息子のイイねは絶品である。

 

昨日、こんな事があった。

晩飯を食べている時の話。

いつもと変わらない食卓を囲っていた私たちだったが、

どこからともなく「イイね!」と言う叫び声が聞こえてきた。

そう、叫んだのは息子である。

普段ならとてつもなく可愛い息子のイイねなのだが、

よくよく確認してみると、そのイイねは意味のわからないイイねであった。

 

何と息子は自分の目の前に提供された、

なみなみと注がれた牛乳をひっくり返していたのである。

それに対してイイねをする息子…。

ど突いてやろうかとすら思った私であった。

 

まだ息子は2歳になったばかりである。

イイねを出すタイミングが分かっていないのだろう。

それ以外にも、昨日の晩飯後、娘と喧嘩した時も泣きながら親指を立てていた。

本当に阿呆である。

 

しかしよくよく考えてみれば、

牛乳をこぼしながらのイイね、泣きながらのイイねを写真に撮ってsnsにアップすれば、きっと大量のイイねが付くかもしれない。

となると、息子の出すイイねのタイミングは合っているのだろうか??

イイねと言いすぎて意味がわからなくなってきた。

本日はこの辺で失礼する。f:id:syufuninaru:20190111075819j:image我が家の薔薇。冬だと言うのに葉っぱが!?