こうして私は主夫になった、、、

表現者を目指して最終的に主夫となった男のブログ

No,137 子供達の恋愛事情

が娘は現在5歳である。

5歳といえば、赤ちゃんと子供の中間地点。

まだまだ分からないことも多いが、もう、パンツの中に粗相をすることはないし、

ご飯を食べるときに食べ物の8割を床に落として食べることもない。

何より、いろいろと物がわかり始める年齢でもある。

以前このブログにて寄稿したが、

そんな我が娘は、恋多き乙女なのである。

保育園では2人の憧れの男児がおり、

ご近所には1人の憧れの男児がいる。

以前娘に何人の恋愛対象がいると書いたかは忘れてしまったが、

子供の感情は山の天気より変わりやすい。

以前のブログでは「4人好きな人がいます」と書いても、

現在は3人になっていてもなんらおかしくない。

とにかく、娘には現在、3人の好きな男児がいるのである。

 

昨日、そんな娘と、家の裏にある広場で遊ぶこととなった。

家の裏にはすでに近所の女の子2人が縄跳びをしており、

私たち親子はその縄跳びに参加させてもらうこととなった。

 

始め、娘と近所の女の子2人は仲良く3人で縄跳びを楽しんでいたのだが、

開始30分もした頃、新たに2人の男児が遊びに参加してきたのである。

 

そう、何を隠そう、娘が惚れてる男児が2人のうちの1人であった。

娘はついさっきまで、大はしゃぎで縄跳びを楽しんでいたのだが、

その刹那、表情が一変しまうのであった。

 

仮に娘の惚れている男児を「健二くん」としよう。

娘は健二くんを見た途端、顔が女の顔になってしまった。

ついさっきまでのアホ顔は何処へやら…。

明らかによそ行きの顔をし、よそ行きの雰囲気を体から放っていたのである。

 

「健二くん」の服を引っ張り、

「健二くん」の体を叩く娘…。

これがいわゆる、「好きな子にはいたずらをしたい」ということであろうか?

私は娘の反応に若干のジェラシーを持ちつつも、

人間として成長した娘に喜んでいた。

同時に、このまま大人になると、

男の気持ちを弄ぶ悪女にならないかという心配も浮かび上がったのである。

 

ちなみに、娘には内緒で寄稿するが、

娘の正体は

家では平気で鼻をほじり、

裸で家の中をウロウロし、

臭い放屁をする下品な女である。

 

世の中の男性たちよ。

街のぶりっ子をしている女性でも、本性はこんなもんである。

騙されぬよう気をつけてほしい。f:id:syufuninaru:20180925082808j:image秋だ。イチョウの葉が出てきた。