こうして私は主夫になった、、、

表現者を目指して最終的に主夫となった男のブログ

No,117 風呂場が臭う

呂場が臭うようになった。

これは妻からの指摘である。

そして、妻はその元凶を私の責任にしている。

というのも、たまに私が風呂場で放尿するからである。

私だけではない。

子供達(我が家は五歳の娘と一歳の息子の一姫二太郎である。)が風呂場で放尿したいと言えば、私はそれを許容しているのである。

 

このブログを読んでいる読者も、

風呂場で放尿したことがあるだろう。

ないとは言わせない。

きっと人生の中で一度くらい、経験があるはずである。

テレビに出るようなとびきり美人の女優さんも、とびきり男前の俳優さんも、

風呂場で放尿した経験があるに決まっている。

 

流石の私も、毎回の排泄を風呂でするわけではない。

普段は、きちんとトイレで用を足している。

しかし、何故か裸になり風呂に入ると、

尿意を催してしまうのだから仕方がない。

これは本屋に行くと用を足したくなる、「青木まりこ現象」と同じなのである。

 

風呂で用を足すのはメリットもある。

まず、シャワーで流すのだから余計な水道代がかからない。

エコである。

その上、尿は排水溝に流れて行く。

液体だから証拠が残らない。

完全犯罪の完成である。

さらに言えば、裸での放尿は開放感があり気持ちがいい。

一度経験すると癖になる。

 

しかし、私の妻はそれを理解してくれないのである。

最近風呂場が臭いのは、私や子供達の放尿のせいだと言って聞かないのだ。

だが、よく考えてみたら、私が風呂で放尿したくなるタイミングは、毎度風呂に入ってすぐなのだ。

入浴序盤で放尿するのだから、体を洗ったり頭を洗ったりしてる間に尿は流れて行くはずである。

本当に匂いが残ったりするのだろうか??

 

昨晩、風呂に入る時、妻がこういった。

「今日お風呂でオシッコしたら罰金ね。」

パートタイムしかしていない私に対し、お金をとると言ってきたのである。

鬼である。

悪魔である。

 

しかし、一家の大黒柱の言うことに逆らうほど、私の権力は強くない。

私は素直にそれに従うことにした。

 

しかしそんな中、妻の忠告を右から左に聞き流した男がいた。

そう、息子である。

長年のブログ読者はご存知であると思うが、

私の息子はオツムが少々悪い。

その上、空気が読めない男である。

その男がやってのけたのだ。

 

なんと息子は、妻の忠告を無視して風呂場で排泄をしてしまった。

娘は大騒ぎ。

私は大爆笑。

 

その喧騒に気がついた妻は、風呂場に走ってきた。

放尿の注意をするつもりだったのであろう。

しかし、目の前にあったのは、

息子の産み落とした立派なウンコであった。

妻は怒るどころか大爆笑していた。

 

さすが我が息子である。

我が家のボスの忠告もなんのその。

やはりこの男、本能のまま生きているようである。

 

ところで皆様は、風呂場で放尿、していませんか?f:id:syufuninaru:20180905074826j:image植えた大根。芽が出てきた。