こうして私は主夫になった、、、

表現者を目指して最終的に主夫となった男のブログ

No,68 熱中症になるほどの暑さなのに…。

い。

毎日本当に暑い。

暑すぎる。

 

にも関わらず、私の子供達(私の家は一姫二太郎である)は阿呆パワー全開である。

暑いにも関わらず、昨晩の我が子は、

大喧嘩をしたのである。

 

その理由は実につまらない。

スーパーボールの取り合いが発端である。

断っておくが、プロレタリアート階級で、金のない我が家であっても、

喧嘩をしない程度のスーパーボールは買い与えている。

通常であれば、喧嘩なんぞ起こるはずがないのである。

しかし、それでも喧嘩をするのが子供というものである。

スーパーボールは大量にあるというのに、

運悪く、好みのスーパーボールが同じであったのだ。

そのスーパーボールとは、

透明な樹脂の中にスパンコールのようなキラキラとした星がいくつも入った、

それはそれは子供受け間違いなしのスーパーボールであった。

考えても見れば、私も幼き頃、

同じようなデザインのスーパーボールに強い魅力を感じていた。

いつの時代も子供達の憧れというのは変わらないものなのだ。

だが、昨日の喧嘩はなかなか洒落にならないものであった。

 

なんと、息子が娘の顔を引っ掻いたのである。

まさに家庭内暴力である。

DVである。

思わず私は激昂してしまった。

 

自分で我が子のことを評価する事は、

恥じ入る行為であるのは重々承知だが、

我が娘は、それはそれは愛くるしい顔をしているのである。

吉永小百合天地真理松田聖子相田翔子広末涼子新垣結衣有村架純も、

私の娘の前では無力に違いない。

(親バカと思って、優しい目で文章をお読みいただきたい。)

 

にも関わらず、息子の爪は娘の顔をクリーンヒットしたのである。

当然、娘は号泣。

顔には生々しい引っ搔き傷がついてしまった。

この惨状を見て、激昂しない父親はいないだろう。

しかし、加害者である男は我が子である。

躾としてそれなりの怒りはぶつけたが、

それ以上はリアルな家庭内暴力になるので、

そこで止めておいた。

 

男の子はやはり、やんちゃであると実感した昨晩であった。

男の子の育児をしている主婦・主夫の方々は、

暴れまわる子供の躾を一体どうしているのだろうか?

いいアドバイスがあれば是非教えていただきたい。

 

ところで、子供達はその後すぐに仲良く遊び始めた。

私と妻の前に、妻のブラジャーをつけた娘と、

私のパンツを被った息子が現れたのはまた別の話である。f:id:syufuninaru:20180718075418j:imageオクラの花が満開である。