こうして私は主夫になった、、、

表現者を目指して最終的に主夫となった男のブログ

No,16 妻との生活

との生活は、付き合い始めてからすぐに始まった。

運良く、私の家からそこそこ近いところに私の妻はマンションを借りていた。

 

恋は盲目とはよく言ったものである。

私が田舎に来た理由は、祖母の世話をするという意味もあったのにもかかわらず、

若気の至りからか、私は妻の家に潜り込んだ形となってしまった。

もちろん、毎日朝と晩に祖母の様子を見に行ってはいたが、

それでも祖母不幸この上ない。

 

私の妻のマンションは、1DKといういたって普通の一人暮らし用マンションであったが、

その家賃は破格の値段であった。

都会の人が聞いたら目の玉を飛び出して驚くに違いない。

そして、田舎の生活を羨むことであろう。

なんと家賃4万強なのである。

その上、車が二台止めれる駐車場が付いていた。

どうだろう、このブログを読んでいる読者の中には田舎に住みたいと思った方もいるかも知れない。

そんな方々はコンビニに行くのに車を使う不便な街を覚悟していただきたい。

 

私の毎日は、それはそれは幸せであった。

仕事が終わると妻が待っている。

そして、週に何度かはジャズバーに二人でジャムをしに行くのである。

 

運良く、私と妻は趣味が似ていた。

音楽以外にも、読書好き(しかも好きな作家も同じであった)、美術館巡りが好き。

と言った具合である。

私は田舎で生活をしたことにより、最高のパートナーと出会ったのである。

 

さてさて、順調な生活の最中、

私は人生の大きなライフイベントを経験することとなる。

そう、私たちは3カ月ほどで婚約するのである。

理由は、勘のいい方なら気づかれたであろう。

pregnant、、、

つまり妻が妊娠してしまったのである。

まぁ、どうせ結婚すると思っていたので大して動揺しなかったが、

私たち二人はそれなりに焦ることとなる。

理由は、急ピッチで、両親の顔合わせ、結婚式の準備、出産の準備を始めなければならなかったからだ。

 

もう少しで私が主夫となる。楽しみにしていてほしい。f:id:syufuninaru:20180527212343j:image薔薇にミツバチがいた。美しい。