こうして私は主夫になった、、、

表現者を目指して最終的に主夫となった男のブログ

主夫の悩み

No,170 ヒゲを蓄える男はどう思いますか?

吾輩は主夫である。 そして、主夫である前に男である。 つまり、髭剃りを一日サボってしまうと、 それなりにヒゲが伸びてしまうのである。 職場に出るわけでも無いのに、 毎日毎日ヒゲを剃るというのは実に面倒で、そして無意味な行動に思えてしまう。 そこ…

No,150 掃除をしなければ、我が家はゴミ屋敷とかすことであろう

家というものは、人が住んでいれば汚れ、痛むものである。 その汚れ、痛み方は、人間の数に比例する。 これはいたって単純な方程式と言えよう。 しかし、世の中には例外というものが必ず存在する。 たった一つで、その値が跳ね上がる存在があるのだ。 そう、…

No,146 妻の帰りが遅い日

私は主夫である。 よって、私の仕事は、家を守り、家事を滞りなく終わらせ、妻の帰りを待つことである。 昨晩、妻の帰りが仕事で遅くなった。 働き方改革をマニフェストに掲げている自民党安倍政権のおかげで、妻の仕事は早く終わっていたのだが、労働組合た…

No,144 私、痔かもしれない。いや、痔だこれは。

日本人の3人に1人は痔で悩んだことがあるのだそうな。 どうやら私はその33%を見事に引き当てたようである。 私の痔の症状は恐らく痔核。 一般に切れ痔と言われる、あれである。 私は1日に2回も3回も通便をするとても健康な腸を持っている。 特に植物繊…

No,110 節約で犠牲になるのは毎回タオルである

主夫になってからと言うもの、節約が大好きになった。 ここでお金を使わなければ、その分いいものがきっと食べれるはず。 ここでお金を使わなければ、家族旅行の足しにできるはず。 ここでお金を使わなければ…。 気がつけばこの数ヶ月で、多少のお金がたまり…

No,73 歯ブラシ

虫歯を防ぐためには歯磨きが必要不可欠である。 大人であれば、 食後の歯磨きは習慣化されているため、 なんの意識もなく行うことができるだろう。 だが、これが子供となると実に大変な作業となってくる。 子供のいる読者ならわかっていただけると思うが、 …

No,69 主夫だけど…キャリアが気になる

専業の主夫・主婦であれば絶対に気になるのではないだろうか? 今回の話はキャリアについてである。 キャリアといっても、様々なものがあると思う。 職人であれば、職人としてのキャリアがあるし、 営業職であれば営業職のキャリア。 事務方であれば、読み書…

No,36 主夫であるために必要なメンタル

マラソンをしていた時である(シェイプアップをするために日に5キロを自身に課している)。 信号待ちで私はマラソンを一時やめ、ストレッチをしていた。 その時である。 私が以前所属していた、ド田舎の金融機関の職員が声をかけてきた。 その職員(仮に職員…

No,35 お小遣いについて

男女平等のこの時代、 実力さえあれば女性でもバリバリのキャリアウーマンになれる。 もちろん、共働きの家も多いだろう。 大黒柱が女性という家も多くなってきているはずである。 こんな時代であるから、私のような主夫も市民権を得つつあるのだ。 幼少期の…

No,33 してはならない主夫の行為

世の中にはやってはいけない、というか、やらない方がいい事が存在する。 タバコは吸って悪いことはないが、吸わない方が健康に良い。 酒は飲みすぎはいけないが、少し飲むくらいなら体に悪くない。 今回紹介する愚行はズバリ間食である。 世の中の主夫・主…

No,32 主夫と主婦の友情

男女の友情ありえない。 何処かで聞いた事のあるフレーズであるが、 これは主夫界・主婦界にも当てはまるフレーズなのである。 時折私はこの永遠のテーマにぶち当たり悩むことがある。 では、例をあげて説明しようと思う。 まず、主夫と主婦の行う定例会であ…

No,20 主夫の昼食

昼食が一人というのはなんとも寂しいものである。 主夫・主婦の中には 「一人の方が気楽でいいよ。」 なんていう人もいるかもしれない。 でも、私は一人の昼食がとても寂しいのである。 ”私の過去”カテゴリーをご覧になっていただければわかると思うが、 私…

No,18 周囲の目

主夫になるためには、周囲の好奇の目を覚悟しなければならない。 1999年に男女平等参画社会基本法ができて早19年、 その間、社会は女性の社会進出を推し進めてきた。 その成果もあり、今では女性の管理職も相当数存在する。 しかし、なぜか主夫に対して好奇…